会社再建の方法


会社再建を決意したら考えること

まずはリスケジュール

まずはリスケジュール

資金繰りが悪化して、月々の借入返済が困難になった企業がとるべき最善策は「リスケジュール」です。このことについては、「リスケジュールの交渉ノウハウ」でもお話ししました。とにもかくにも、リスケジュールを行うことが先決です。

銀行とリスケジュール交渉が上手くいって「返済条件変更契約」を交わした後は、決定した計画通りに返済してゆくことになります。通常は6か月または1年といったところで、それが企業の利益状況に応じて更新されていくことになりますが、数年経つと、銀行も返済金額の同額をより強く求めてくるでしょう。

銀行は、リスケジュールの期間中に経営が改善され、将来的に返済額が元に戻ると考えているのです。

そこで経営者が考えなければならないことは、通常返済に戻すために業績を回復するということ。つまりは、資金繰りを良くするということです。

リスケジュールの基本姿勢は、
「経営改善・事業再生・会社再建」を実現し、将来返済を再開するということ。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

どんぶり勘定を改める

リスケジュールが成功したら、経営者は次に何をすれば良いのでしょうか。「どんぶり勘定を改めること」だと思います。資金繰りが厳しい、業績が上向かない企業の多くは「どんぶり勘定」を行っています。

例えば、試算表作っていない企業は、決算書を作る段になってはじめて黒字か赤字か判明します。何となく好調だ、ちょっと厳しいかも知れない、といった判断しかできないのです。これでは赤字対策や将来の経営計画の立てようがありません。

このような「どんぶり勘定」を改めない限り資金繰りは改善されませんし、会社再建は無理だと思ってください。

会社再建には、試算表・資金繰り表の作成が必須である。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

安定した収益源をつくる

試算表や資金繰り表を毎月作成する体制を構築することと同時に実行しなければならないこと。それは「安定した収益源を創出すること」に他なりません。

いくら資金調達やリスケジュールによって資金繰りを行っても、利益を得るための手段がなければ元も子もないのですから。ここでは特に“安定した”という部分がキーになります。一時的な収益源を作っても、いつかまた資金繰りが厳しくなります。

  • 常時一定量の注文がある得意先を作る
  • 安定した売上を計上できる店舗を作る
  • 流行に左右されない商品を開発する
  • 生活必需品に目を付ける
  • 安定した売上がある商品や商材に関連した事業に目を付ける

安定した売上は、安定した利益に、
そして資金繰りの安定につながる。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」


資金繰り・資金調達相談受付中です。

代表取締役 川北 英貴

  • 株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役 川北 英貴

資金繰りに悩む中小企業の経営者様へ

  • 資金繰りに悩んでいる
  • 資金調達ができなくて困っている
  • 銀行への返済に毎月苦しんでいる
  • 会社をなんとか再生させたいと思っている

上記に該当する方のために、「資金繰り・資金調達・事業再生ホットライン」をご用意しております。

「資金繰り・資金調達」ホットライン
TEL:0120-316-071
【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】

※はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

多くの場合は面談により、企業の実態を把握した上でどのようにしたら良いか判断しないとなりませんので、面談をおすすめしています。まずは御社の状況をお聞かせください。なお、面談相談は東京・大阪・名古屋にて行います。

お受けできないご相談内容

  • 粉飾決算の作り方
  • 自己破産の方法(破産はおすすめしておりません)

※今まで約533社のご相談を受けましたが、破産やむなしのケースは5社だけでした。他は全て解決策を提案しました。

株式会社フィナンシャル・インスティチュート

「資金繰り・資金調達」ホットライン【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】 0120-316-071

はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

(東京オフィス)
〒105-0021 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館4階
TEL:03-5425-4600
FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22 オリックス淀屋橋ビル6階
TEL:06-6231-5081
FAX:06-6231-5085
(名古屋オフィス)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41 AMビル9階
TEL:052-955-5225
FAX:052-955-5226

このページの上まで戻る