中小企業の資金調達方法


中小企業に融資を行う金融機関

融資を受ける際、借入先として真っ先に考えたいのは「銀行や信用金庫」

中小企業に融資を行う主な金融機関は次の通りです。

銀行・信用金庫
各都道府県に支店網が張り巡らされており、利用しやすく機動性がある。しかし審査が厳しくなかなか融資が実現しないことも。都市銀行、地方銀行、信託銀行がある。信用金庫はより地域に密着した営業を行っている。
政府系金融機関
営利を目的としないため、銀行が取り合わない企業の相談に応じることもある。金利は低めだが支店が少なく、企業一社一社に対応できない。中小企業が利用しやすい代表的な政府系金融機関としては「国民生活金融公庫」「中小企業金融公庫」「商工組合中央金庫」などがある。
信用保証協会
中小企業が銀行から融資を受ける際、その融資を保証してくれる。そのため融資が受けやすくなる。だたし企業が協会と直接交渉することはあまりなく、あくまで金融機関を通しての依頼となることに注意したい。信用保証協会が銀行に対して代位弁済を行った場合、企業と協会は債権債務関係となり、企業は協会への返済義務が発生する。
ビジネスローン専門金融機関
銀行と商工ローンのちょうど中間程度の金利で融資を行う、ビジネスローン専門の金融機関。融資の可否や条件は、コンピュータが自動的にはじき出す。銀行に比べ金利は高いが、その分融資は受けやすいと言える。
商工ローン
高金利でビジネスローンを融資する。融資審査が通りやすいため便利ではあるが、利息支払の負担が大きいので注意したい。一時的な資金不足の補てんに使うなど、節度をもって利用すること。
その他ノンバンク
預金の受け入れは行わず、融資やリースといった金融業務のみを行う金融機関。前述のビジネスローン専門金融機関や商工ローンもノンバンクにあたる。その他、リース会社、クレジット会社、消費者金融、信販会社、不動産担保金融会社などがある。

複数の金融機関を利用する

銀行や信用金庫からの融資が思うように受けられない場合、金利の高い金融機関も視野に入れなければなりません。また、融資を受ける銀行を一行に絞ることはどうかやめてください。

ある銀行に融資を申し込んで断られた場合、他に取引銀行がなければ、融資を申し込むことはできなくなるからです。借入先が無くなってしまったらその時点でアウトです。金利の競争相手がいなくなり金利は高止まりとなってしまうデメリットもあります。

常に複数の金融機関と付き合うことがリスク回避のポイントである

事業規模に見合った金融機関と取引する

これから融資を受けようと考えている銀行、現在取引している銀行、どのように選択しましたか?会社の近くの銀行だからと安易に選んでいないでしょうか?融資を受ける銀行は、場所や名前、規模で選ぶのではなく企業の特性や事業規模に合わせて選ぶことが大切です。

銀行から融資を受けられる会社、受けられない会社、その違いをすべて無料でお教えします。

無料特別レポート「銀行から思うように融資を受けるためのツボ」

このページの上まで戻る

融資の種類

事業融資は大きく分けて4種類

事業融資の種類には、「証書貸付」「手形貸付」「商業手形割引」「当座貸越」の4つがあります。これらを使い分けることが銀行と上手に付き合うコツです。また事業融資は、返済期間が1年以下の場合は「短期融資」、1年を超える場合は「長期融資」と呼ぶことも覚えておきましょう。

1.証書貸付
長期融資を受ける場合の方法で、「金銭消費貸借契約書」に署名捺印することによって融資を受ける。
2.手形貸付
短期融資を受ける場合の方法で、借入用の手形を銀行に差し入れることで融資を受けることができる。
3.商業手形割引
企業が売上を手形で回収した場合、すぐに現金とはならないが、その手形を銀行が買取ることにより資金調達できる。
4.当座貸越
融資の限度額を設定して、その限度額までは自由に借入したり返済したりできる方法。以下の2種類がある。

専用当座貸越

当座預金に連動しないため、当座預金の有無を問わず融資を受けることができる。契約した限度額内であれば借入・返済を自由に行うことができ、企業の資金繰りに合わせて臨機応変に利用することが可能。

一般当座貸越

当座預金に連動するため、融資を受ける銀行に当座預金があることが条件となり、当座預金と一般当座貸越がセットになる。つまり、当座預金の残高がマイナスとなった場合は、自動的に貸越(マイナス)となり、あらかじめ決められた金額までは自動的に貸越が行われる。

銀行の好む融資方法=審査が通りやすいその順序は─、商業手形割引>手形貸付>証書貸付>当座貸越

商業手形割引の場合、銀行は手形の振出人に取立てることで受取手形の支払期日と同時にお金を回収できます。

すなわち企業が資金繰りに困って返済不能に陥った場合でも受取手形の取立によって融資した資金を回収できるため、銀行としては最も安心できるのです。よって融資の審査が通りやすいと言えます。

短期融資の方法である手形貸付は、長期融資の方法である証書貸付より好まれる傾向にあります。当座貸越については、契約期間中、企業が自由に借入を行えるため銀行側で融資のコントロールが利きません。つまり銀行にとって最もリスクが高いため、その分審査が厳しくなります。

銀行から融資を受けられる会社、受けられない会社、その違いを無料ですべてお教えします。

無料特別レポート「銀行から思うように融資を受けるためのツボ」

このページの上まで戻る

借入の上手な方法は?

中小企業の経営者様、経理・財務の担当者様へ。

連日私のところへ資金繰りや銀行借入の相談が相次ぐのは、元々私が銀行の法人営業部で法人向けの融資を担当していたからです。思い通り銀行融資を受けるためには、銀行融資のカラクリを知っておく必要があります。

どんなタイミングで何がどのように審査されるのか?銀行との上手な付き合い方をお教えします。

無料特別レポート「銀行から思うように融資を受けるためのツボ」


資金繰り・資金調達相談受付中です。

代表取締役 川北 英貴

  • 株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役 川北 英貴

資金繰りの重要ポイント

  1. 中小企業に融資を行う、主な金融機関の種類と特徴を覚える!
  2. どこから融資を受けるべきか熟慮した上で資金調達を!
  3. 複数の金融機関を利用するのが資金調達のコツ!
  4. 融資の種類を覚え、その特徴を活かした借入を!

株式会社フィナンシャル・インスティチュート

「資金繰り・資金調達」ホットライン【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】 0120-316-071

はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

(東京オフィス)
〒105-0021 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館4階
TEL:03-5425-4600
FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22 オリックス淀屋橋ビル6階
TEL:06-6231-5081
FAX:06-6231-5085
(名古屋オフィス)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41 AMビル9階
TEL:052-955-5225
FAX:052-955-5226

このページの上まで戻る